”うどんが神になった世界”うどんセレモニー

うどん(饂飩)の語源は混沌とされる。 

それは、小麦(大地)、水(天)、塩(海)、世界を創造する全てを
人の手で混ぜ合わせ生まれる混沌。  

混沌とは悠久であり、分割不能であること。 

混沌を生み、混沌を食す、この所作、即ち 

人ならざるものの御業なり。 

食事は「身体性」「精神性」「社会性」そして「霊性」により豊かさを醸していると言います。「うどんセレモニー」はうどんを祀り、神にして、霊性を最大限まで高めてからいただくことで、人類史上最高峰のうどん体験をつくる食儀式です。

詳しくはこちら