ロゴなし.jpg
ロゴ.png
5

aiが神になった世界

シンギュラリティ以降の3年間を描く、AI・人・神の関係性を巡る3部作。2019年は渋谷ストリームホールにて、2045年の世界を仮想体験するフェスティバルを開催。2020年はYoutube、Staily上で2046年の世界を仮想体験するオンラインセレモニーを開催。

2019∞2045
aiなき世界じゃ

生きられない

2019年(2045年)は3階構造の各フロアをそれぞれ「Future Life Style(未来の生活を現した企業の出展エリア)」「New Values(サイバー神社を建立し、aiが神になった世界の祈りの形を現す)」「Art Entertainment(2045年の音楽、芸術の形を現す)」 とテーマを設定し、ライブやアートやトーク、様々なブースやインスタレーションを同時展開。

2020∞2046

Human Distance

2020年(2046年)は人と人の間を取り持つAI「MikO」が生まれた。MikO役はマイクロソフトのりんなに演じてもらい、メインビジュアルの作成、MC、歌唱、ファシリテーターなど全知全能の大活躍を見せた。サイバー神社はVRプラットフォーム「Styly」上に遷宮させ、世界中どこからでも参拝が可能になった。

2021∞2047
さようならの未来

命は、未来から先に定まっていく。

生まれる前から、死や、宇宙の崩壊は決まっている。

そして終焉の駆動力を持って、ゆらぎ、はじまる。

人類の未来はいつまで続くだろうか。

私たちの終焉は、何を産むのだろうか。

誰に、どのようにして、バトンを渡せるだろう。

あるいは何の継承もなく

何もかもはなかったこととして

左様なら、と消えていくのだろうか。

 

さようならの未来をそうぞうする。

私たちの死について、知性について、バトンを渡す者について

ありったけの想像力と限りある身体性を祝祭的な場と共に

インフレーションさせていく。

最果てに、何もなくとも。

さよならだけが、なんとやら。

2021年、9月12日

リアル(渋谷)とオンライン(VR)の同時開催を予定。

Contact Us

ご取材、ご協賛、ご不明点等

お気軽にお問い合わせください。

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

お問い合わせありがとうございます。

Get In Touch

ロゴ白.png