• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトSpotifyはアイコン
DSC00231.JPG
DSC00220.JPG

雨宮 優(あめみや ゆう)

1992.1/28横浜生まれ横浜育ち。

体験作家/Ozone合同会社CEO

あるかもな世界を小説とフェスで同時に表現する体験作家。クリエイティブディレクター。
 

学生時代はファシリテーターの資格を所得し教育領域で活動。新卒で人材大手に入社後”現代の駆け込み寺”型シェアハウス「リバ邸」を横浜に設立し会社は約半年で退職。その後放浪の旅の末、日本初の「サイレントフェス®」事業Silent itを開業。「こたつフェス」「ダンス風呂屋」など全国で企画プロデュースを行い、2016年にOzone合同会社を創業する。

創業後「SDGs」それぞれのゴールが終わったあとの世界を1つずつフェスとして表現していくプロジェクト「ソーシャルフェス®」プロジェクトを開始し、誰でも聴ける都市型音楽フェス「Sooo Sound Festival」都市と農家を繋ぐ泥フェス「Mud Land Fest」全ての命を祀る「Neo盆踊り」など「あるかもしれない未来」を体験できる問いとして表現。「スペキュラティブエンターテイメント」という独自の体型を確立する。

 

仕掛けたフェスは全国各地で計80以上に及び、フジテレビ「みんなのニュース」NHK「おはよう日本」日本テレビ「世界一受けたい授業」など多数のメディアに特集される。過去3回の臨死体験や海外でのフェスティバルカルチャーとの接触を経て、生と死や現実と虚構の隔を曖昧にし、想像と現象のバイオリズムをメタ的に加速させることから、嫋やかな未来の醸成と光の感度を上げていく。

 

フェスティバル以外でも演劇の脚本、コンセプト、ステートメントの執筆など文筆業をはじめ、SDGs×クリエイティブ領域を中心とした様々なクリエイティブディレクションを全国の企業、行政と共に手掛け、大学やシンポジウムでも多数講演を行う。2020年1月には横浜に「逃げBar White Out」を開店し拠点とする。

nature-768569_1920_edited%20(1)_edited.j

Artist Statement

コロナ禍ではステイホーム期間中にDVが増えたということがありました。人は狭い世界にいると攻撃的になりがちです。広い世界にいるとやさしくなれます。やさしさは見えない翼ね、とは風の谷のナウシカの歌詞ですが、僕らは想像力により見えない翼を授かることができる生き物です。それが時にやさしさと呼ばれたりします。

体験作家(造語)のことづくりとは、自らに、そしてあわよくば他者にも、この見えない翼を授けようとする試みです。渋谷という街を職場と捉える人もいれば、遊び場と捉える人も、寝床と捉える人もいるように、場にはいくつも階層が存在し「世界」ということもまた同じなのです。
 

自分が見ている世界、隣の人が見ている世界、猫が見ている世界、誰もまだ見ていない世界、想像の翼で空まで羽ばたき、自分以外の世界と関わりを持つことができれば、誰もがやさし世界で生きることができます。そしてその連なりがこの世界全体のサイズを拡張し、誰かにとっての新たな居場所をつくれのではと思っています

 

訝しみと慈しみの波を乗り越えて、ありったけの人生に限りないイマジネーションを。